慶應義塾大学は鶴岡タウンキャンパス(山形県)に大規模なバイオ実験施設を開設しました。  ここでは主に湘南藤沢キャンパス(SFC)の学生が短期または長期滞在し、 バイオインフォマティクス (生物情報学)とゲノム生物学を融合した最先端のバイオ研究を行っています。

(ただいまこのホームページは整備中です)

過去のKSBC 参加者の声
  • 私はキャンプ参加を通して、今後の目標を見つけることができ、今年度からSFCで学ぶことになりました。全国から集まった参加者のみんなと楽しく有意義な時間を過ごすと共に、先端の技術を分かりやすく学べる大変貴重な機会であったと思います。
    (兵庫県 高3 女)
  • 学校での理科の実験が嫌いだった私ですが、そんな事はすっかり忘れてしまう位、魅力的な実験・先生・友達でした。ここで出会えた友達とはこれからも刺激しあいながら一生繋がっていたいと思います!!
    (神奈川県 高2 女)
  • 僕はこの三日間で多くのことを学びました。分子生物学の実験を実際に体験できた感動はもちろんのこと、参加した他のメンバーやスタッフなどとの情報交換・ディスカッションなど、とても有意義な三日間でした。この素敵な場を提供してくださったスタッフに感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました!
    (神奈川県 高2 男)


Copyright 2004 Institute for Advanced Biosciences, Keio University